鼠径ヘルニアは手術で治せる!【手術について知ろう】

傷が目立たない手術法がある~鼠径ヘルニアの治療法~

鼠径ヘルニアは手術で治せる!【手術について知ろう】

患者

鼠径ヘルニアは男性に多い病気

太ももの付け根にある筋膜の間から、小腸などの一部が出てくる病気を鼠径ヘルニアと言います。老若男女問わず発症する可能性があるのですが、特に多いのが40代以上の男性だと言われています。

男の人

鼠径ヘルニアの治療法

もし鼠径ヘルニアなっていることが分かった場合、手術で治療を行います。腹腔鏡下ヘルニア修復術という手術の方法なら、傷が目立ちにくく、痛みも少なくてすみます。また、従来の手術法よりも入院期間が短いため、仕事が忙しい人にとっては嬉しいですね。

ナースと患者

手術しないと命の危険がある

初期段階では腫れを感じても指で押すと引っ込むので、問題無いと感じるかもしれません。しかし、そのうち痛みや不快感が出てきます。また、最初は引っ込んでいた腫れも、引っ込まなくなって悪影響を及ぼすこともあるでしょう。その段階まで来ると命の危険があるため、早急に手術する必要があります。

鼠径ヘルニアのセルフチェック

  • 腹部に腫れがみられ、痛むことがある
  • 足の付け根辺りに腫れがある
  • 重いものを持つことが多い
  • 下腹部に重苦しさを感じることがある

広告募集中