ウルセラのすごさ

ウルセラは皮膚ではなく筋膜に働きかけます

ウルセラはたるみ治療の機械です。これまでの機械は皮膚の引き締めでたるみ治療を行ってきました。ウルセラは、表皮・真皮・脂肪層の奥にある筋膜に働きかけることができる機械です。切るフェイスリフトでも筋膜を引き上げることによってたるみを引き上げます。それをウルセラは超音波を照射することで可能にします。 超音波で確実に筋膜に高い熱を加え、組織を収縮させます。これによってたるみが解消され、さらに、照射後にコラーゲンの生産が進むことにより、皮膚の状態が改善されます。 超音波はモニター画像で確認しながら照射されるので、的確に筋膜に作用します。また神経などを傷つける心配もありません。効果は半年から1年ほど続きます。

認定医がいるので認定医に施術を行ってもらうと安心です

たるみ治療では切るリフトアップは1回で劇的に効果がありますが、切る手術に抵抗がある人や、年齢的に若く切るほどではない人にはウルセラは向いていると言えます。ウルセラの施術を受けることで現在のたるみもなくなり、コラーゲンの産出を活発にするため、将来のたるみ予防にもなります。30代から受け始めると、加齢によるたるみの進行を遅らせることができます。 ウルセラはモニター画像を見ながら筋膜に超音波を照射していくものなので、医師の技術と経験が重要なポイントになります。ウルセラ社の研修を受けた医師には認定証があたえられます。これはウルセラの技術をマスターしているという目安になるので、ウルセラの認定医であるか確認すると安心です。