Beauty and health

目立つほうれい線には

ほうれい線を消すためには、顔のたるみを解消させる必要がある。エステや病院に行く必要は無く、自分でも行なうことができる。一般的に、顔にたるみやほうれい線ができやすい人は、乾燥肌の人が多いと言われている。

詳細を確認する

ウルセラのすごさ

たるみ治療の機械として人気のあるウルセラは、超音波を照射し、対象者の顔のたるみを解消していきます。神経を傷つけることもなく、また、効果も半年から1年のあいだ続きます。

詳細を確認する

美容皮膚科の活用

美容皮膚科では目の下のたるみをとれ、またそのとる方法もいくつか存在します。脂肪溶解注射は一般的に使われる方法で、目の下のたるみの原因になっている脂肪を溶かし、たるみを目立たなくします。

詳細を確認する

脂肪吸引ですっきり

太腿をはじめとした脚部の一部分を細くしたいという方に最適なのが、脂肪吸引です。美容外科の多くが、脂肪吸引を施術メニューに加えています。脂肪吸引は、男性でも女性でも施術が可能です。

詳細を確認する

体に無理をさせない

体に負担がかからない治療が選ばれています

美容外科の痩身治療には様々な種類のものがありますが、ここ数年多くの患者に利用されているのは脂肪溶解注射を用いる痩身治療です。脂肪溶解注射を利用すれば、体にかかる負担を最小限に抑えつつ、細くしたい部分の脂肪をピンポイントで落とすことができます。注射を受けた後1週間くらいは、皮膚にピリピリ感が生じたり、軽い筋肉痛のような痛みが発生するケースがありますが、脂肪吸引手術を受けた場合に比べると、比較にならないほどの軽い症状です。いくらキレイになるためとはいえ、術後の生活に大きな支障が出るような治療では、気軽に受けることができません。でも、脂肪溶解注射であれば、ほぼ普段通りの生活を送ることが可能であるため、多くの人が利用しています。

どこへ行くと脂肪溶解注射を受けることができるのか

脂肪溶解注射を用いる痩身治療を受けたいと希望している場合は、美容外科クリニックを受診する必要があります。クリニックによっては、メソセラピーという名前で治療を行っているケースもありますが、脂肪溶解注射と同じもののことです。料金が安く、施術が短時間で終わるという理由があるため、脂肪溶解注射をプチ整形メニューの1つとして取り扱っているクリニックがたくさんあります。少し前までは、脂肪溶解注射を取り扱っていないクリニックが結構ありましたが、最近では多くのクリニックが取り扱うようになってきましたので、クリニック探しに苦労してしまう心配はほとんどありません。ただし、クリニックによって配合している薬剤の種類や分量が異なっていますので、事前に評判を調べてみるようにした方がよいでしょう。